>

ネット専業証券

かつて証券会社といえば、
店舗や営業所を拠点とした対面による営業が一般的でした。

90年代後半のインターネットの普及に加えて 、
株式売買委託手数料が自由化されたことから、
インターネット上でのみ取引を行うというスタイルの
ネット専業証券と呼ばれる証券会社が普及しました。

こういった店舗、営業所などを持たないサービスは、人件費や店舗管理費などを
大幅に削減できるというメリットがあり、証券会社においてはこういったコスト削減を
取引手数料の低価格化として提供できる強みをもっていたため、
多くの企業が参入することで、さらに価格競争も激化してゆきました。

現在では、ある程度淘汰された感があり、生き残るべきところが生き残っているという
まあ、証券会社に限らない傾向の話ともいえるかもしれませんね。

ネット専業証券のメリット

メリットとしては、まずはなんといっても
その手数料の安さがあります。

このメリットだけのおかげで、現在ではインターネット上での株取引が主流となっているといっても過言ではありませんから、
逆に考えれば株取引においては、
手数料がかなり重要なもの
であるともいえるでしょう。

また、競争が激しい分野でもあることから ちょっと前では考えられなかったような情報までを用意し、 無料で手に入れることができるサービスを充実させている場合が多くなっています。

さらに、メールマガジンやアナリストによる分析を利用できたりと、
株取引を行う上で非常に有益な情報が、証券会社によって提供されている例が多く
こういった情報を上手に活用して、株取引に利用できるという点も大きな魅力です。

こういった、提供される情報などは、証券会社によって
得意分野、不得意分野などもあるようです。
初心者には最初は難しいですが、慣れてきたら目的によって
証券会社を使い分けて情報収集のためのツールとして利用するといった
活用方法も考えられますね。