>

株取引にかかる税金

株取引において収益が出た場合、
その収益に対して税金はかかるのでしょうか?

もちろん課税の対象となるので納税が必要です。

キャピタルゲインにかかる税金

株を売買することで生じる損益、いわゆるキャピタルゲインについて、
1年間を通じてのすべての株取引の損益を合計した「譲渡所得」と呼ばれる所得は、
給与所得とは別の所得として扱われるので、それぞれの所得について
別々に確定申告を行う必要があります。


ただし、年収が2,000万円以下の場合は、この譲渡所得が20万円以下であれば
確定申告の必要はありません。
簡単にいえば、株で20万円以上儲かった場合は、納税する必要があるということになります。

インカムゲインにかかる税金

株を保有することで得られる配当金など、いわゆるインカムゲインについては、
源泉徴収されるため、通常は確定申告を行う必要はありません。

現在のところ上記どちらの場合にも、
期間ごとに以下のような税率が適用されます。

・2012年12月31日まで
 10%の課税

・2013年1月1日から2013年12月31日まで
 10.147%の課税

・2014年1月1日以降
 20.315%の課税

ちなみに上記の2013年までの税率は、
株式市場の不況から特別措置として税率を引き下げているもので、
通常であれば2012年現在でも20%課税とされているものです。

現状では、特別措置は2013年いっぱいとされていますが、
過去にも延長されてきた経緯のあるこの特別措置。
今後予定通りに打ち切られるかとうかはまだなんともいえませんね。