>

ミニ株とは?

株の売買単位のページでも書きましたが、
通常の株の売買において、証券会社を通して売買ができる
株の単位は単元株と呼ばれ、銘柄によって決まっています。

例えば○○自動車の株は100株単位から売買できます。
という具合です。 このように大きな単位の株の売買には、
それなりに資金が必要となってきますから、
慣れていない初心者にとっては
かなり敷居の高いものだといえます。

この売買できる単位を10分の1単位からとしたサービスがミニ株です。
これは株式投資における公式な制度ではなく、
証券会社が独自に開発し提供しているサービスで、名称もミニ株ではなく、
さまざまな呼び名であったり、こういったサービスが利用できる証券会社と
利用できない証券会社があります。

初心者の練習用には最適

株価の変動については、実際の銘柄と同様の扱いとなりますので、
変動する株価の動向を見て、どのようなタイミングで売買するなどの練習にもなります。

もちろん損益も通常の単位の株と同様の扱いですので、
わずかな資金でも売買が可能なミニ株は、初心者がまずはじめに
練習用として利用するのにも最適なサービス
だといえますね。

取扱銘柄は限定されている

株主優待に関しては、銘柄によって受けられる場合と受けられない場合があるようで、
その取り扱いに関しては、証券会社によってさまざまです。

また、証券会社が独自に行っているサービスですから、
ミニ株の取り扱いのある銘柄は、実際の単元株に比べれば
限定されている場合が多い
ようですが、
10分の1の単位というわずかなリスクでも株取引を体験できるという点で、
とても歓迎できるサービスだといえますね。