>

株の売買単位

さて、株って以外に簡単な気がしてきている管理人ですが(笑)
株の売買ができる単位として単元株と呼ばれるものがあります。

例えば、ひと株が100円の銘柄があったとしても、
その銘柄の単元が100株1単元の場合だと、
100株からしか売買ができないという決まりになっています。

この単元の設定については、
株式を発行する企業が自由に設定できますが、
上限が決まっていて、1000株もしくは発行されている株式総数の200分の1が 1単元の上限となっています。

単元未満株とは?

上記の考えからいけば株取引は必ず、
企業が決定している1単元単位で取引が行われる。
というふうに考えられます。

しかし、これには例外があって、何らかの理由で企業が株式分割を行う場合など、
1株が2分割とか5分割という具合に分割される場合であれば、
単純に1単元を持っていたならば2単元、5単元に増えるということになります。

では、1株が1.5分割されたならどうなるでしょうか?
1単元100株の銘柄を1単元持っていたとしたなら、
分割後は150株となり単元という見方からすれば中途半端になり、
50株分は売りも買いもできない状態になってしまいます。
もちろんそのままでも問題はないのですが、
こういった場合に、50株を売る、もしくは50株を買い足すなど
単元未満株を取引することで1単元に満たない株数を処分もしくは補充できる
ようになっており、こういった取引のことを「単元未満株の取引」といいます。
ただし、この単元未満株の取引については、
指値注文はできず、成行注文のみでの取引となります。

このような場合でなくても、証券会社独自のサービスとして、
最初から単元未満株の取引が可能な証券会社もあります。

こういった証券会社を利用するメリットとしては、
1単元が大きな銘柄の場合でも、1株から取引が可能であるという点が挙げられます。
そのかわりといってはなんですが、単元未満株の取引は単元ごとの取引と比べて
手数料が高い傾向にあります。
取り扱う側としても、細かいばら売りよりも、大きなまとめ買いのほうが、
手間も省けますから、そう考えると仕方がないのかな?とも思えますね。

ミニ株との違い

ミニ株については、次のページで解説していますが、
ミニ株の場合は、1単元の10分の1ということになっていますので、
1単元100株の銘柄であれば、10株がミニ株として取引できる株数になります。
このように、1単元の株数設定によってさまざまですが、
大抵の場合は、単元未満株のほうが、ミニ株よりもさらに小さな単位ということになりますね。